メディア記事の紹介:8/21 Open API InitiativeがOpenAPI Specification 3.0.0を発表

メディア記事の紹介:8/21 Open API InitiativeがOpenAPI Specification 3.0.0を発表

Open API InitiativeがOpenAPI Specification (OAS) version 3.0.0のリリースを発表した。

今回のリリースは、2年ほどの開発と、2017年1月の発表から始まり、2月の実装者向けドラフト、6月のパブリックコメント募集と続く、7ヶ月のリリースプロセスの成果だ。InfoQは以前、OAS 3.0の主要な新機能についてレポートした。OAS 3.0には、コールバックと複数ホストのサポート、JSON Schemaサポートの改善、ComponentsやLinksなどの新しいプロパティが含まれる。

コミュニティからの反応は圧倒的にポジティブで、Twitterには祝福と興奮のメッセージが流れ、オープンソース並びに商用ツールにおけるOAS 3.0サポートは増している。Version 3.0は、その仕様とLinux Foundationガバナンス下にあるOpen API Initiative (OAI)にとって、大きなマイルストーンだと見なされている。

記事を見る