Web API の利用例

社外にも社内でも利用できるWeb API

Web API の活用シーンは多彩

Web APIは、FacebookやGoogleのAPIのようにパブリックAPIとして外部に公開するたけでなく。社内でのプライベートな利用や、モバイルやIoTの組み合わせなど、さまざまな活用方法があります。ここではWeb APIの代表的な利用例をご紹介します。

利用例1. 社内の情報をパブリックAPIとして外部に公開

Google Map API, Facebook API, Twitter API, UberやFintechのサービスなどのように、自社のサービスをパブリックAPIとして公開し、社内の情報を外部からアクセスできるようにします。他社アプリによるエコシステムによって、自社サービスの活用の境界線が広がり、Salesforceのようにサイトのトラフィックの多くがAPI経由になる可能性もあります。

API-OUT

利用例2. IoTの情報をWebに公開

さまざまなセンサーや機器などの IoT(Internet of Things)から発生する情報は膨大で活用のしかたも一様ではありません。このようなデータをクラウドに取り込んでAPI経由でWebからアクセスできるようにすることで、活用方法が広がります。電力会社が取り組んでいる電力の「見える化」や、医療機器のIoTなどの分野で既にこのような取り組みが始まっています。

API2IoT

利用例3. SoRの情報をSoEに連携させる

いわゆる基幹系、業務系のシステム(SoR: System of Record)の情報を、お客様やパートナーなどのエンゲージのためのシステム(SoE: System of Engagement)にAPIでつなぐことが可能です。一般にSoRのシステムは、独自のプロトコルや情報アクセスの制約などがあり、情報の公開が簡単ではありませんが、APIゲートウェイを経由することで認証やレート制限でアクセスをコントロールして安全に情報を公開できます。お客様やパートナーから、基幹系の在庫や納期などの情報にアクセスすることでユーザーエクスペリエンスを向上させることが可能です。

SOR2SOE