ブログ

KongやAPI関連の最新情報

米国時間2017年8月16日にオープンソースのAPIゲートウェイの最新版 Kong CE 0.11.0 がリリースされました。このリリースから、オープンソースの Community Edition (CE) と 有償でエンタープライズ向けの機能を追加しサポートが提供される Enterprise Edition (EE) の2つのエディションで提供されるようになります。 regex URIsのサポート クライアントからのHTTP/2トラフィックのサポート Serfプロトコルへの依存を排除 など 詳しい情報は Mashapeのブログをご覧ください。...

Read More
オープンAPIスターターパック

[発表内容はこちら] APIファーストのITソリューションを提供する 株式会社ブリスコラ(本社東京都港区、代表取締役末貞 慶太郎、以下、ブリスコラ)は、低コストで迅速・安全なAPI公開を可能にする「オープンAPIスターターパック」を、本日より提供開始します。このスターターパックは世界で最も採用されているオープンソースのAPIゲートウェイ・ソフトウェア「Kong」を中心としたAPI基盤をAWSのクラウド上に最短1週間で提供し、API呼び出し月間5000回までの無料枠により、企業、政府、自治体などがAPIを公開するコストを大幅に低減します。 アプリケーションの接続技術「API(Application Programming Interface)」は、インターネットを介して企業間あるいはビジネスを接続する技術として注目が高まっています。銀行業界では、この2017年5月に改正銀行法が成立し、「オープンAPI」を提供する努力義務が課されることとなり、クレジットカード業界でも経済産業省がクレジットカードデータ利用におけるAPI連携の検討を進めており、国内でもAPI公開の取り組みが進んでいます。しかしながら、安全にAPIにアクセスさせるための「APIゲートウェイ」のソフトウェアのコストや、ITインフラの構築コスト、さらに技術者の不足により、現時点でAPIを公開する国内企業はごく一部にとどまっているのが現状です。 ブリスコラの「オープンAPIスターターパック」は低コストで安全にAPを公開するために、オープンソースのAPIゲートウェイ・ソフトウェア「Kong」と独自開発の管理ソフトウェア「Briscola API Management Stack」にソフトウェアのアップグレードサービスを組み合わせ年間契約のサブスクリプションとして提供します。このサブスクリプションにはAPI公開の初期費用を最小化するために、API呼び出し月間5000回までの無料枠を設定しており、API基盤が小規模であればAPIゲートウェイ関連のソフトウェアコストを削減することが可能です。オープンAPIスターターパックの稼働環境はAWS (Amazon Web Services) を前提としており、ソフトウェアはブリスコラが事前検証したAMI (Amazon Machine Images)のマシンイメージとして提供し、最短1週間でAPIゲートウェイの基盤を構築します。この基盤構築サービスはブリスコラが提供し、費用は規模や要件によって異なりますが標準構成で50万円からとなります。 オープンAPIスターターパック概要 オープンAPIスターターパックのサブスクリプションは以下を含みます。 ● オープンソースのAPIゲートウェイ・ソフトウェア「Kong」 8種類の認証メソッドや流量制御の機能によりAPIとバックエンドを保護し、独自開発のAPI、AWS Lambdaの関数、OpenWhiskの関数の呼び出しを集中管理 ● 日本語対応管理ソフトウェア「Briscola API Management Stack」 ブリスコラが独自開発したKongのユーザーインタフェースにより、グラフィカルな操作でAPIの登録、認証の設定、使用状況の把握などの管理が可能 ● AMIマシンイメージ ブリスコラが事前検証したAWS用のAMIマシンイメージを提供 ● ソフトウェアのアップグレードサービス APIゲートウェイおよび管理ソフトウェアのバグやセキュリティの問題に対応した最新バージョンを提供 価格 オープンAPIスターターパック サブスクリプションの価格は本番環境で月間5000回までは無料で、以降は月間5000回ごとに年額50万円となります。ブリスコラ独自開発のモニタリングサービスによってAPIの使用状況を計測して課金を行います。 オープンAPIスターターパックは、AWSのクラウドからAPIを公開することを基本としますが、Amazon VPC (Virtual Private Connect) と閉域網接続による仮想プライベートクラウド環境での利用、および、個別対応の構築サービスによってオンプレミスで利用が可能です。 オープンAPIスターターパックの利用イメージ 今回発表の「オープンAPIスターターパック」についてのお問い合わせやお申し込みは下記よりご連絡お願いいたします。 Briscola <info-mail@briscola.co.jp> [発表内容はこちら]...

Read More

Open API InitiativeがOpenAPI Specification (OAS) version 3.0.0のリリースを発表した。 今回のリリースは、2年ほどの開発と、2017年1月の発表から始まり、2月の実装者向けドラフト、6月のパブリックコメント募集と続く、7ヶ月のリリースプロセスの成果だ。InfoQは以前、OAS 3.0の主要な新機能についてレポートした。OAS 3.0には、コールバックと複数ホストのサポート、JSON Schemaサポートの改善、ComponentsやLinksなどの新しいプロパティが含まれる。 コミュニティからの反応は圧倒的にポジティブで、Twitterには祝福と興奮のメッセージが流れ、オープンソース並びに商用ツールにおけるOAS 3.0サポートは増している。Version 3.0は、その仕様とLinux Foundationガバナンス下にあるOpen API Initiative (OAI)にとって、大きなマイルストーンだと見なされている。 [記事を見る] ...

Read More

2016年にローンチしたGoogleのCloud Speech APIは、話された言葉をテキストに書き起こす。このAPIが今日(米国時間8/14)、大幅にアップデートされた。 中でもいちばんおもしろいのは、これまでの89言語に加えて新たに30の言語が加わったことだろう。ただしこれらの数字には、英語とスペイン語とアラビア語の地域的な変種が複数含まれている。今回新たに加わったのは、ベンガル語、ラトビ(ヴィ)ア語、スワヒリ語などで、Googleによると、それらを話す人は約10億人いる。 重要な新しい機能もいくつか加わった。たとえば、言葉にタイムスタンプが付くこと。(続く) [記事を見る] ...

Read More

Googleは以前、インターネット接続不要でスマートフォン間でのファイル共有を可能にすることを約束した。そして、実際にその約束を果たそうとしている。 2017年の「Google I/O」で先行的に披露された「Nearby Connections 2.0」APIはWi-Fi、Bluetooth LE、およびクラシックBluetooth接続を利用することで、オフラインの高帯域PtoP通信を提供する。今回、11.0以降の「Google Play」サービスを搭載する全ての「Android」端末で、Nearby Connections 2.0 APIの利用が可能になった。 [記事を見る] ...

Read More

カオナビは8月1日、同社が展開しているクラウド人材管理ツール「カオナビ」について、APIの提供を開始したと発表した。 カオナビは、顔写真が並ぶシンプルな画面から一元化された人材情報を簡単に共有できるクラウドサービス。今回のAPI提供により、基幹システムやユーザーが自社開発したシステムのほか、労務や勤怠をはじめとした他社が提供するHRテクノロジサービスとデータ連携することが可能。人材管理業務の効率化および生産性向上を図ることができるとしている。 [記事を見る] ...

Read More

三井住友銀行は28日、個人向けインターネットバンキング「SMBCダイレクト」のAPIを使ったマネーフォワードやMoneytreeなどPFM(Persona Finance Management)サービス連携の開始を発表した。 連携するのは、マネーフォワード社の「マネーフォワード」とマネーツリー社の「Moneytree」のPFMサービス。OAuth2.0に準拠したSMBC提供の認証基盤を通じて、IDやパスワードを第三者に預けることなく口座と連携した資産管理機能が使えるようになる。三井住友銀行は、マネーフォワード提供の法人向けサービス「MFクラウド会計」や「MFクラウド経費」を3月31日より開始しており、今夏にはオービックビジネスコンサルタントとの連携も開始する。 [記事を見る] ...

Read More