ブログ

KongやAPI関連の最新情報
オープンAPIスターターパック

[発表内容はこちら] APIファーストのITソリューションを提供する 株式会社ブリスコラ(本社東京都港区、代表取締役末貞 慶太郎、以下、ブリスコラ)は、低コストで迅速・安全なAPI公開を可能にする「オープンAPIスターターパック」を、本日より提供開始します。このスターターパックは世界で最も採用されているオープンソースのAPIゲートウェイ・ソフトウェア「Kong」を中心としたAPI基盤をAWSのクラウド上に最短1週間で提供し、API呼び出し月間5000回までの無料枠により、企業、政府、自治体などがAPIを公開するコストを大幅に低減します。 アプリケーションの接続技術「API(Application Programming Interface)」は、インターネットを介して企業間あるいはビジネスを接続する技術として注目が高まっています。銀行業界では、この2017年5月に改正銀行法が成立し、「オープンAPI」を提供する努力義務が課されることとなり、クレジットカード業界でも経済産業省がクレジットカードデータ利用におけるAPI連携の検討を進めており、国内でもAPI公開の取り組みが進んでいます。しかしながら、安全にAPIにアクセスさせるための「APIゲートウェイ」のソフトウェアのコストや、ITインフラの構築コスト、さらに技術者の不足により、現時点でAPIを公開する国内企業はごく一部にとどまっているのが現状です。 ブリスコラの「オープンAPIスターターパック」は低コストで安全にAPを公開するために、オープンソースのAPIゲートウェイ・ソフトウェア「Kong」と独自開発の管理ソフトウェア「Briscola API Management Stack」にソフトウェアのアップグレードサービスを組み合わせ年間契約のサブスクリプションとして提供します。このサブスクリプションにはAPI公開の初期費用を最小化するために、API呼び出し月間5000回までの無料枠を設定しており、API基盤が小規模であればAPIゲートウェイ関連のソフトウェアコストを削減することが可能です。オープンAPIスターターパックの稼働環境はAWS (Amazon Web Services) を前提としており、ソフトウェアはブリスコラが事前検証したAMI (Amazon Machine Images)のマシンイメージとして提供し、最短1週間でAPIゲートウェイの基盤を構築します。この基盤構築サービスはブリスコラが提供し、費用は規模や要件によって異なりますが標準構成で50万円からとなります。 オープンAPIスターターパック概要 オープンAPIスターターパックのサブスクリプションは以下を含みます。 ● オープンソースのAPIゲートウェイ・ソフトウェア「Kong」 8種類の認証メソッドや流量制御の機能によりAPIとバックエンドを保護し、独自開発のAPI、AWS Lambdaの関数、OpenWhiskの関数の呼び出しを集中管理 ● 日本語対応管理ソフトウェア「Briscola API Management Stack」 ブリスコラが独自開発したKongのユーザーインタフェースにより、グラフィカルな操作でAPIの登録、認証の設定、使用状況の把握などの管理が可能 ● AMIマシンイメージ ブリスコラが事前検証したAWS用のAMIマシンイメージを提供 ● ソフトウェアのアップグレードサービス APIゲートウェイおよび管理ソフトウェアのバグやセキュリティの問題に対応した最新バージョンを提供 価格 オープンAPIスターターパック サブスクリプションの価格は本番環境で月間5000回までは無料で、以降は月間5000回ごとに年額50万円となります。ブリスコラ独自開発のモニタリングサービスによってAPIの使用状況を計測して課金を行います。 オープンAPIスターターパックは、AWSのクラウドからAPIを公開することを基本としますが、Amazon VPC (Virtual Private Connect) と閉域網接続による仮想プライベートクラウド環境での利用、および、個別対応の構築サービスによってオンプレミスで利用が可能です。 オープンAPIスターターパックの利用イメージ 今回発表の「オープンAPIスターターパック」についてのお問い合わせやお申し込みは下記よりご連絡お願いいたします。 Briscola <info-mail@briscola.co.jp> [発表内容はこちら]...

Read More

 プライベートな、すなわち企業内部で利用されているAPIは、一般的に知られている公開APIに比べると、はるかに数が多い。しかし、それらAPIの開発者が別のプロジェクトに移ったり、転職したりした場合、他の開発者はそれらAPIの目的や内部動作を完全に理解できるのだろうか? これは、Web API開発ツール「Postman」を手がけるPostdot Technologiesが同社のAPI開発者コミュニティーを対象に実施した調査の結果をまとめた2017年度コミュニティーレポートに記されている内容の一部だ。同レポートによると、Postmanコミュニティーが費やした時間の内訳は、プライベートなAPIを対象としているものが80%、公開APIを対象としているものは20%だという。 [記事を見る] ...

Read More

 Twitterは、有料版のAPIを含む「Twitter Premium APIs」を発表した。開発者はこれを導入することで、1回の検索リクエストで表示されるツイート件数や、より複雑な検索クエリなど、より多くのデータにアクセスできるようになる。 Premium APIsは、Twitterの無料版APIとエンタープライズ版APIの中間に位置づけられる。同社は直近の決算報告で、データプラットフォームはとりわけ成長の速い事業だと述べていた。 Twitterはこれまで、基本的なクエリ機能と基本データへのアクセスを無料で提供し、エンタープライズ向けにはリアルタイムの履歴データを提供していた。Premium APIsの狙いは、これらの隔たりを埋め、無料のAPIからより信頼性の高い有料のエンタープライズ版にアップグレードする道を作ることのようだ。 [記事を見る] ...

Read More

米国時間2017年11月14日に Kong Enterprise 0.29 がリリースされました。 ハイライトは以下の新機能です。 New Vitals Analytics Interface 新しいアナリティクスインタフェース New Forward Proxy Plugin フォワードプロキシーのプラグイン Improved Proxy Caching Plugin プロキシーキャッシングのプラグイン 詳しい情報は Mashapeのブログをご覧ください。...

Read More

 第3回では、「現在(2005~2017年)」の企業間取引のテクノロジ(SOA)や被害金額が大きい事件、API(Application Programming Interface)の誕生について解説した。最終となる今回は、近未来(2020~2030年)における企業間取引(主にAPI)について予想してみたい。 [記事を見る] ...

Read More

 セブン銀行は、法人向けネットバンキングサービス「ビジネスwebサービス」とマネーフォワードのクラウド型経費精算システム「MFクラウド経費」を更新系APIで連携した。これにより、MFクラウド経費の画面からワンクリックでセブン銀行への振込依頼が可能になる。11月7日、マネーフォワードが発表した。 マネーフォワードは、2017年3月より住信SBIネット銀行、みずほ銀行、三井住友銀行とも同様の更新系API連携を開始している。セブン銀行とのAPI連携は、2017年1月のビジネスwebサービスと参照系API連携に続き第2弾となる。 [記事を見る] ...

Read More

 MuleSoftは、アプリケーションプログラミングインターフェース(API)を使用したシステムとサービスの統合によって、システム間のデータフローの管理とセキュリティの確保を支援する企業だ。 米ZDNetは、最近ロンドンで開催されたカンファレンスで、MuleSoftの最高経営責任者(CEO)Greg Schott氏に話を聞いた。 [記事を見る] ...

Read More