製品

Kong Community Edition

最も人気のあるオープンソースのAPIゲートウェイ

Kong Community Edition は、400万以上ダウンロードされている人気の高いオープンソースのAPIゲートウェイ ソフトウェアです。高度なセキュリティ機能やトラフィック制御機能などAPIゲートウェイに求められる機能を、誰でもダウンロードして使うことができます。クラスタリング機能を標準搭載しており、必要に応じて処理能力と可用性を高めることができるため、高いサービスレベルのAPI実行環境を実現できます。

特徴1. 高度なセキュリティ機能とAPIの制御

「プラグイン」によって、APIのセキュリティを高めるさまざまな認証方式に対応しており、標準的なキー認証やBasic認証から、LDAP、さらにカスタム開発によって独自認証方式などにも対応が可能です。ACLによるアクセス制御とトラフィック制限、およびロギングによりアクセス履歴を残すことでAPIを集中的に制御・管理できます。

APIゲートウェイ

特徴2. 最高水準の性能と高可用性

Kong Community Edition は高性能なオープンソースのAPIゲートウェイ ソフトウェアで、1ノードで秒あたり数万のリクエストを処理できる最高水準の性能とミリ秒レベルの低レイテンシーを実現しています。標準装備のクラスタリング機能により、スケールアウトで性能を高めるとともに可用性を高め、高いサービスレベルのAPI環境を実現します。

特徴3. プラグインアーキテクチャによる柔軟な拡張

認証、セキュリティ、ロギング、トラフィック制御などのさまざまな「プラグイン」を必要に応じてKongに組み込むことで、機能を柔軟に拡張することができます。あらかじめ提供されている数十種類のプラグインで対応できない場合はプラグイン自体をカスタム開発することも可能です。人気の高いAWS LambdaやOpenWhiskなどのサーバーレスコンピューティングとの連携もプラグインによって実現しています。

特徴4. オープンソーステクノロジー

Kong のベースになっているのは、NGINX、 Cassandra、PostgreSQLなどのオープンソースソフトウェアです。オープンソースソフトウェアの技術を取り込むことで、Kongの機能の進化を高速化します。実行環境においても、Linux、Docker、Kubernetesなどのソフトウェア基盤を利用し、クラウド上でもオンプレミスでも高性能で柔軟なAPI基盤を実現します。