API管理製品の比較

現在、各社からさまざまなAPI管理の製品/サービスが提供されています。ここでは主要な製品/サービスの特徴を紹介します。また、詳細な情報を60項目以上に渡って記載した比較表を無料でご提供していますので、後方にあるフォームにてお申込みください。

現在2020年6月版をご提供しております。

AWS API Gateway

クラウドコンピューティング最大手の Amazon Web Services (AWS) が提供するクラウドサービス。APIゲートウェイを簡単に作成できます。クラウドサービスのみの提供でオンプレミスでは利用不可。

Azure API Management

マイクロソフトのAzureが提供するクラウドサービス。APIゲートウェイと開発者ポータルを簡単に作成できます。クラウドサービスのみの提供でオンプレミスでは利用不可。

Apigee Edge

API管理ソフトウェアベンダーとして人気が高かったApigee社をGoogleが2016年に買収。APIゲートウェイと開発者ポータルとアナリティクスなどのフル機能を提供。クラウドサービスとオンプレミスで利用可能。

IBM API Connect

IBMは独自にAPI管理の製品を提供していましたが、Strong Loop社を2016年に買収。APIゲートウェイと開発者ポータルとアナリティクスなどのフル機能を提供。クラウドサービスとオンプレミスで利用可能。

Kong

米Kong社が提供する高機能・高性能なオープンソースのAPIゲートウェイを中心として開発者ポータルとアナリティクスなどのフル機能を提供。オンプレミスで利用可能。AWSやGoogle Cloudなどの主要なクラウド上でも稼働します。2020年6月版の比較表から、Kong Enterprise、Kong Gateway(オープンソース)、KongベースのBAMs Gateway(ブリスコラ提供)を比較表に掲載しています。

Red Hat 3scale

API管理ソフトウェアを提供していた3scale社をレッドハットが2016年に買収。APIゲートウェイと開発者ポータルとアナリティクスなどのフル機能を提供。ハイブリッド構成が基本ですがオンプレミスでも利用できます。

詳しい情報については、ブリスコラが提供しております「API管理製品比較表」にてご確認ください。AWS API Gateway, Azure API Management, Apigee Edge, IBM API Connect, Kong Enterprise, Kong Gateway, BAMs Gateway, Red Hat 3scaleの詳細を60項目以上にわたって比較しています。

API管理製品比較表

無料でご提供しておりますので、ご希望の方は下記のフォームからお込みください。
* 基本的に個人の方は対象としておりませんので、メール、URLは会社・団体ドメインのアドレス、公式URLを入力いただくようお願いいたします。また、弊社において競合とみなされる会社さまのリクエストはお断りする場合がございます。システムインテグレータ・コンサルティング企業の場合、クライアント企業さまに本比較表の情報をご提供される場合は、クライアント社名/団体名を弊社にお知らせいただくことを前提として比較表をお渡ししております。

【比較表リクエストフォーム】

(1) フォームの項目をご入力、【確認】ボタンを押して内容をチェック
(2) 内容チェック後、【送信】ボタンを押してリクエスト完了